10月18日 日曜日 晴れ
 朝起きてみると台風一過の快晴だった。
 気温は昼過ぎに30度近くまで上がったらしいが、風のせいかさほど暑くは感じなかった。

 日本シリーズ第一戦は9-4で横浜の勝ち。
 ところどころ観た。
 というよりも、ほとんど横目で観ただけだった。

 プレイのテンポからして仕方がないのだろうが、それにしてもこれだけ実況アナと解説が能書きを垂れまくるスポーツはほかにないと思う。
 たぶん、野球は一人で観るものではない。
 スタジアムでビールを飲みながら隣の席に座っている誰かに向かってああでもないこうでもないと解説を垂れながら、ダラダラと楽しむのが正しい観戦態度なのだろう。
 一人で観る場合、仕事をしながら観るのが正しい。
 片耳でアナウンサーの実況を聴きながら、奴がわめいた時だけチラリと画面に目をやればそれで足りる。
 だからこそ野球中継は残業中の職場で流れていても邪魔にならないのだ。
 思えば私もつい2年ほど前まではナイターの時間は野球を観ながら原稿を書いて、それでけっこう原稿が書けたりしていたものだ。

 つまり、環境スポーツなんだな。

 さあ、これから徹夜だ。
 畜生。

10月19日 月曜日 晴れ
 夕刻、ASAHIパソコン10周年記念パーティーに顔を出した。
 酒を飲まないで大勢の人間に対応する方法がいまだに見つからない。
 酒飲みだった頃、酔っ払うことのみを唯一の社交手段として採用してきたことの報いだろう。
 それでもまあ、何人か古い知り合いの顔を見られたのは収穫だった。
 この夏に顔を出したS社のパーティーなんかに比べれば、知った顔のあるパーティーにはまだまだ救いがある。

 帰ってメールをチェックしてみると、なんとはるか昔のバイト仲間からごきげんうかがいのメールが来ていた。
 高校生の時に駅前のパチンコ屋の2階の喫茶店でウェイターをしていた時以来だから、25年ぶりってことになる。
 当時、私より2年ほど年長だった彼(確か予備校生だったはず)は、ずいぶんと大人に見えたものだが、お互いに40歳を過ぎてしまえば、まあ似たようなものか。

 25年ぶりの、いきなりの「やあ!」である。
 まことに、インターネットというのは不思議な世界だ。

 個人的な好みを述べるなら、あたしゃ現実世界のパーティーよりはインターネットのメール世界の方が好きだな。
 いっそ同窓会なんかもチャットの方が盛り上がるかもしれないぞ。
 特にオレの場合、どうせ酒が飲めないわけだし。

 出版社のパーティーもチャットにしたらいいと思う。
 招待状はアクセスフリーのIDと500円のテレカ。
 で、パーティービンゴの景品は……テレビ電話ぐらいか?
 いいぞ。
 コスト削減にもなるし、何よりストレスの節約になる。
 「淋しい」と言う人もあるかもしれない。
 ふん。
 そう思うあんたはきっと心のこもってない挨拶と営業的な名刺交換の連続がどんなに切ないものなのかを知らないんだな。
 でなきゃ、ただの酔っ払いだ。

●林容疑者夫婦再逮捕の噂
 しきりにアドバルーンが上がっている。
 持ちネタが心細くなってきたマスコミは、眞須美容疑者の妊娠流産話を蒸し返して場をつないでいる。

 夕刊フジなどは、「夫以外の男の子種を宿したことがマスミ容疑者をカレー事件に走らせた真の動機ではないか」ってなことを言っている。
 あるいはそうかもしれない。
 どうしてかって?
 マスミにコを足したら、マスコミになるわけで、だとしたら大量殺人ぐらいは朝飯前の……

 ふん。
 
マスコミに 子を取られたと マスミ泣き
 
 そういえば、8000人突破記念のネタを考えないと。
 何をやってるんだろう?オレは。

10月20日 火曜日 曇り
 月刊「現代」の原稿を脱稿。
 苦労した割にはなんだかコ難しい原稿になってしまった。
 案外スラっとできたものの方が出来が良いのかもしれない。
 
 ま、読んだ人がどう思うかはわからないけど。

10月21日 水曜日 雨
 昨晩録画しておいたはずのU-19日本代表の対中国戦を観ようとビデオを回してみるとオヤジが2人演劇論を展開している。
 ……うっ!!
 録画失敗だ。
 
 どーもうちのビデオはGコード予約の何かが狂っているらしい。
 ここ一番では、必ずBS1とBS2を間違える。
 それとも演劇ファンなのか?

 ネットで確認したところによれば、結果は2−2のドロー。
 ……
 落胆して昼寝。
 夕飯を終えて、なんとなくごろごろしているうちに午後9時。
 ……ん?
 何か忘れてないか?
 そ、そうだぁ
 ああああぁぁぁ
 そうだぁ、今日は水曜日だぁ。
 Jリーグの日じゃないか!
 と、慌ててテレビをつけたが、鹿嶋VS浦和戦の放送は既に終わっている。
 今しがたニュースステーションで確認したところでは、延長の末3-2で敗れたようだ。
 ううう。
 ダメな日は何をやってもダメだ。
 寝よう。

10月22日 木曜日 晴れ
 病人の付き添いで慈恵医大病院に行ってきた。
 会計、薬局の待ち時間が圧倒的に短いのに感銘を受けた。
 患者が少なかったわけではない。
 たぶん、病院全体の事務をコントロールしているコンピュータシステムが優秀なのだと思う。

 15年ほど前、慶應病院で、たかだか3分の診療と薬の受け取りのためにたっぷり半日待たされたことがあったが、それを思えば、医療の内容はともかく、少なくとも医療サービスは大幅に進歩している。
 コンピュータ万歳!と言おう。
 コンピュータには人間味がないという人がいる。
 そうかもしれない。
 が、人間味が人間を救うわけではない。
 少なくとも、待合室で苦痛をこらえている病人にとっては、人間味溢れる手書き書類がもたらす混沌よりは、集中制御コンピュータシステムの無機質な能率の方がありがたい。
 日本シリーズ第3戦は、7-2で西武の勝ち。
 最後に出てきた西崎の昔に変わらぬ生意気なマウンドさばきが良かった。
 二線級の投手になってもなお生意気さを失わない根性に拍手を送りたい。
 若くて一流で生意気な奴はいくらでもいる。
 そんな生意気は、実績がそうさせている結果論の生意気に過ぎない。
 本物の生意気は、生来の、天然の、牢固たる、骨がらみの、本然から来る真の生意気者は、実績も拍手も賞賛も必要としない。
 彼は、誰も感心していなくても自信満々で、何一つ結果を残さずになお威張っていることができる。
 立派だ。
 そういう人に私はなりたい。

 U19はイラクに6-2で圧勝したようだ。
 今夜こそBSの録画を観ることにしよう。

 8000人突破記念イラストのアイディアが浮かばない。
 詩にしようか?
 おっと、その前に「噂の真相」の原稿が締め切りだった。
 アルコール本も作業を進めねば。
 って、なんだか教師に提出する中学生の日記みたいになってきたぞ。
 決意、反省、抱負、自戒……
 ふん。
 白々しい。

 本当の事を言おうか?
 いや。
 不特定多数の人間に向かって真意を語るのは愚かなことだ。
 なぜって、ものの分かった人間は、何も言わなくても分かっているし、分からない人間には何を言っても分からないからだ。
 
 とすると、ライターは何を書けば良いんだ?

 うーむ。
 問題は、真実であるか否かではない。
 平凡であるかどうかだ。
 であるからして、恐らく、プロのライターは、平凡な真実を提示するよりは、意想外の嘘をついてみせるべきなのだ。 

 もちろん、意表を突く真実が提示できたら一番いいんだろうけど。
 
10月23日 金曜日 雨
 U19の対イラク戦は6-2の圧勝。
 とはいえ、ディフェンスが不安定な点は解決されていない。
 ドカンと放り込まれるロングボールに弱いのは、日本の伝統なのだろうか?
 ワールドカップで日本代表のディフェンスは割と評価が高かったが、もしかしたら善戦の理由は、格上のアルゼンチン、クロアチアが「守ってドッカーン」のカウンター戦法を取ってこなかったからなのかもしれない。
 事実、アジア予選では、明らかに格下のパスもろくに回せないチームのカウンター攻撃にけっこうやられていた。
 スペースに放り込むロングボールに弱い理由は 
a.単にセンターバックの選手の背丈が足りない。
b.スピードが足りない。
 のどちらなのだろう?

 小野クンは、格下相手には本当に良いプレーをする。
 マークされたり囲まれたりした時のプレーでは、まだ中田の方が上だが、イラクみたいなザル守備を相手に伸び伸びとプレーしている時の小野は、まるでジダン(バルデラマ説もあり)だ。
 そういえば、Jリーグでも、ジェフ戦やヴェルディー戦の時は非常に良かったが、アントラーズだとかにはきっちり押さえられてました。
 今後、うまいディフェンダーやしつこいマーカーに当たった時にどんなプレーができるかが課題だろう。

 昼過ぎに「噂の真相」の原稿を脱稿。
 夕方にかけて長い昼寝。
 目を覚まして日本シリーズ第4戦を観た。
 途中で眠くなってしまった。
 マルチネスが場外ホームランを打ったが、ああいう体型の人間が一流選手としてやっていけるスポーツはいまや相撲とプロレスを除けば野球だけなんではなかろうか?
 ともかく、結果は4-2で西武が勝って対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。
 
 深夜、テレ朝の「地球テレビ」だかという番組を久しぶりに観たが、やけにCMが多くなったように思えるのは気のせいだろうか?
 いや、深夜に限らず、プライムタイムでも特にバラエティー番組はやたらにCMが増えた気がする。
 ま、どうでもいいことだけど。

 CMと言えば、民放各局の自社CMがどれもこれも似たような気持ちの悪さを醸し出しているのはなぜなんだ?
 不況でスポットが売れないのか?
 それで自社CMが増えているのか?
 そういえば、カツラ、エステ、英会話、アムウェイ、通販化粧品、宝飾……と、悪徳まがいのCMばかりが目立つような気もする。
 もはや一流企業はCMを打たなくなったのか?
 だとしたら、これは良いことかもしれない。
「テレビでCM流してるような会社は……」
 てなことで広告に熱心な会社が信用されないようになったら良いと思う。
 
 でも、視聴者って、バカだからなあ。
 オレでさえ、テレビを観る前にはあらかじめ知能指数を落としてかからないと適応できないんだから。

10月24日 土曜日 曇り時々雨
 この夏以来、Jリーグ開催日である水曜日と土曜日はずっと雨が続いているような気がする。
 オカノの足にとって、これは著しく不利な偶然だと思う。
 おかげで、オカノは、相変わらず素晴らしいスピードで走ってはいるものの、きちんと止まることができずにいる。
 で、きちんと停まれないオカノは、きちんとしたトラップができず、せっかくパスに追いついてもマイボールを生かすことができない。

 レッズはレイソルにやられた。
 スコアこそ0-2だが、試合内容は、ストイチコフとベンチーニョにいいようにかき回されての完敗だ。
 これで、優勝のメはなくなった。
 ふう。
 小野クンの欠場が痛い。
 おまけに、今日はペトロビッチもいなかった。
 これでは、前線にラストパスを出す選手がいない。
 おーい、磯貝、帰ってこーい。
 チームプレーが苦手だなんてことは、ゴルファーとして成功する理由にはならないぞー。

 城定も山田も、素晴らしいスピードで抜け出し、華麗なドリブルで突破するところまではOKなのだが、オカノと同じく、最後の最後でマイボールを生かすことができない。
 福永も疲れているのか代表に選出されなかったことで腐ってしまったのか、一時の良さがまるで出ていない。
 
 日本シリーズ第5戦は、現在9回オモテで、横浜が15点目を取ったところだ。
 おそらく、このまま十何対5とかで横浜が勝つのだと思う。
 今、観客席が映ったが、なるほど野球の客はいかにもそういう顔をしている。
「そういう顔って、どんな顔だ?」
 ……
 言わない。
 きっと怒るから。

 オレも、ああいう顔をしてたのかなあ。