10月22日 日曜日 晴れ
 朝から落ちつかない。
 レッズの試合があるから。
 そう。今日は運命の大分戦だ。
 レッズの試合を観ている時の私は、人格までJ2レベルに落ちる。
 代表の試合やプレミアシップを観ている時の高尚なサッカー鑑賞家とはまったく違う男になる。
志が低くなる:どんなに汚いゲーム運びでも良いから、とにかく勝ってほしいと思う。良いサッカーだとか、質の高いプレイなんてことは、ほとんどまったく求めない。
臆病になる:敵のフォワードがドリブルを始めるとそれだけですっかり縮みあがる。コーナーキックやサイドからのクロスボールが上がると、目をつぶりそうになる。
セコくなる:審判の判定が有利に転ぶことを祈り、ダイビングでPKを貰ったりすると大喜びする。
根性が悪くなる:敵の怪我を喜ぶ。
乱暴になる:ラフプレーに矢鱈と興奮してわめく。
 つまり、ちょっとだけフーリガンに近づくわけですね。

ball20.gif大分トリニータVS浦和レッズ

 勝った。
 素晴らしい。
 内容なんてどうだって良いのだよ。
 勝てばすべてはオッケーなのだ。
 確かに、J2相手にセブンバックみたいなガチガチの守備的戦術をとったオレたちは、意気地なしかもしれない。
 でも、いつまでも横綱相撲を取っているわけにはいかないのだよ。
 ヤマダも上がらなかった。
 トシヤも自重しまくっていた。
 せっかく最前線にボールを運んでも、前には永井とクビやんしかいなかった。
 それでも勝ったから良いのだ。
 1点目は、クビやんの左サイドからのロングクロスを永井が決めてくれた。
 たぶん、まぐれだと思う。
 あんなに長い距離を走りこんで、そのままスライディングでボレーをして、しかもそれがきちんと枠に飛ぶなんてことは、おそらく何年かに一度しか起こらないことなんだと思う。
 2点目は、アジエルのドリブルシュート。
 見事だった。
 アジやんは、巧い。
 以上。
 素晴らしい一日だった。
 もしこのまま2位をキープできれば、今年は素晴らしい年になる。
 ん?
 志が低いって?
 いいのさ。
 優勝なんかできなくても。
 人間だもの。

 幸せは、自分の心が決める  みつを


10月23日 月曜日 雨
 歯医者。
 長期戦。
 勝ち目はない。
 でも、無抵抗で敗北するわけにもいかないわけだ。
 歯が無くなったらハナシになら……自粛


10月24日 火曜日 晴れ
 ラジオ出演。
 TBSラジオで夜の10時からやっている「アクセス」という番組のゲストに呼ばれた。
 宮崎哲弥氏、小島慶子アナとともに1時間半ほどだらだらと語った。
 AMラジオは良い。
 スタッフがガヤガヤ言いながら作っている感じが、なんだか学園祭みたいで楽しい。

 うかつだったのは、アジアカップの対イラク戦に合わせたスケジュールをいれてしまったことだ。
 おかげで、オンエア中にスタジオ内のモニタを、時々見上げざるを得なかった。だって、えらく気になるわけだし。
 それでも生放送は進行し、時間は流れ、じきに「お疲れ様でース」ということになる。
 これで良いのだ。
 聴く側がながら聴取をしているのであるから、出る側がリキんではいけない。
 ながら出演、ながら演出、だわな断定、だろう推測。それで良いのだ。
 素晴らしい。
 出演者に緊張を強いるメディアはダメだ。
 AMラジオは、送る側も、聴く側も思いっきりリラックスしている。
 素晴らしい。
 ダレているという見方もあると思うが、私はテンションの高いテレビのバラエティーよりは、ラジオの時間の方がずっと好きだ。


10月25日 水曜日 晴れ
 頑張って仕事をした。
 誰もが時には頑張らねばならない。
 わかっている。
 しかし、頑張ることが目的になってはいけない。

 頑張るために頑張るのは、たぶん、良くない。
 なぜかって?
 ううむ。
 うまく説明できない。
 とにかく、頑張ってくれ。
 私も、頑張ってみることにする。
 私なりに。
   

10月26日 木曜日 晴れ
 引き続き仕事。
 夕刻、神保町で打ち合わせ。
 帰り道は後楽園まで歩く。
 たまには歩かねばならない。
 スニーカーが3年も持つというのは、やはり普通ではない。

  ball20.gifアジアカップ準決勝 日本代表VS中国代表
 3-2で逆転勝ち。緊迫した良い試合だった。
 中国は思ったよりも強かった。
 特に前半はプレスが速くて攻めようがない感じだった。
「90分持つはずがないよ」
 とは思っていたが、シドニーでのアメリカ(おそらくスポーツ医学だとか運動生理学とんでもないエキスパートがついている。サッカーの質をどうこう言う前に、トレーニングが素晴らしいのだと思う。まあ、アメフトだとかバスケットみたいなスポーツのトレーニングメソッドを取り入れたら、そりゃあ凄いアスリートができあがるに違いない)のような例もあるわけで、ちょっと心配だった。
 が、後半15分を過ぎるとバッタリ足が止まってくれた。
 その他、気付いた点。


10月27日 金曜日 晴れ
 一日中寝ていた。
 

10月28日 土曜日 雨
 寝た。
 関西人の言い方で言えば、寝倒した、という感じ。

 メールの返事がたまっている。
 起きねば。
 アドレナリンを喚起せねば。
 ……と思いながら、また寝る。
 午後4時を過ぎると、さすがに目を閉じていても眠ることができない。
 それでもなかなか起き上がる気持ちにはなれない。
 午後5時に、テレビをつけた。
 五分ほどで飽きてリモコンの電源ボタンを押した。バシュ。画面が暗転する。良い音だ。
 昼寝をする時間はあっても、テレビに付き合っている時間はない。だって、ブラウン管の中で起こっていることより、オレのアタマの中に浮かんでくることの方が面白いんだから。
 そう思わないか?
 一人で横になってとりとめもない考え事を遊ばせている方がずっと楽しいぞ。
 まあ、アタマの悪い人には無理な楽しみ方かもしれないけどさ。

 夕食後、ウェブページの更新作業。
 イラストを描く。
 どうしてオレはこういうことには勤勉なのか。
 ギャラの出ない仕事って、どうしてこんなに楽しんだろう。

 というわけで、イラストを3点あげておきました。

セーブ失敗
美人局アナ
前官房長官

よろしく。