8月20日 日曜日 晴れ
 愛は地球を救う。
 うーん、言ってることは間違いないと思うよ。主旨も充分理解できるし、意気込みそのものは買ってるんだ、オレとしても。
 いや、あんたがたの善意を疑ってなんかいないってば。素敵な企画だよ、マジに。
 でも、ひとつだけ言わせてもらえるなら、手法に問題ありだよな。
 だって、都内でクワガタ探したり、ボクサーあがりの笑えないタレント走らせたりして何になるんだ? 局アナに揃いのTシャツ着せて、そんなことで地球が救えると思ってるのか?
 第一、森田某だとかいうレイプ疑惑でほぼ真っ黒けになってるタレント使っといて、愛もへったくれもないだろうが。そりゃ森田にしたって地球の一員であるには違いないんだろうけど、いの一番にレイプ犯救ってどうするんだよ。そんなことじゃ地球どころか、麹町の町内会さえ救えないぜ。
 いっそ、来年は24時間放送を休むってのはどうだ? 「24時間デレ日」とかいっちゃってさ。
 オタクみたいな大手が休めば、それなりに電力消費も減るだろうし、単純に考えてそれだけでもずいぶん地球には優しいはずじゃないか。
 それに、高給取りの日テレマンの休みが増えれば、レジャー消費にも貢献するはずだ。六本木から霞町あたりのキャバクラのねえちゃんには福音だぜ。
 どうだい? ウジイエちゃん。マジメに検討してみる気はないか?
 各局に声をかけて、来年の8月20日は、一日中テレビがお休みってことでもいいな。
 オレが地球なら大喜びだ。
 ん?
 ご不満かな?
 消極的過ぎる?
 ……うーん。
 ま、確かに、休むっていうのは、あんまり積極的な態度じゃないわな。
 わかった。了解。ラジャーだ、兄弟。24時間デレ日プロジェクトは撤回だ。
 あんまり言いたくはなかったんだけど、ひとつだけあんたたちにできることがある。教えてやるよ。
 オタクらの親会社の社長、な? 知ってるだろ? あいつを地球から追放するってのはどうだ?
 なあに、キミたちが一丸になればできないことはないって、株だって持ってるんだから。
 ウジイエちゃんも一蓮托生だっていうんならそれでも良いよ。一緒にバイバイだ。いきなりクビが哀れだってんなら巨人軍の用具係でもやらればいい。モトキのケツバットぐらいの試練はあるかもしれないが、まあ、ご老人には良い刺激ってもんだ。
 な。
 たのむぜ。
 ナベツネがヨミウリから消えれば少なくともオレにとって地球はかなり住みやすい星になる。
 救われるぜ。
 ん?
 ナベツネの地球はどうなるかって?
 知ったことかよ。
 いいか? あんたらは勘違いしてるかもしれないけど、地球は、唯一無二の絶対存在なんかじゃないぜ。
 千人いれば千個の地球。一億人には一億個の地球がある。だって、「地球」なり「世界」っていうのは、個々の人間がそれぞれに認識している概念なんだから。
 としたら、そんなものまとめて救えっこないだろ?
 えっ?
 地球は地球人すべてにたったひとつだけ与えられた唯一の……
 ほほう、誰に吹きこまれたんだか、シャレたことを言うじゃないか。
 じゃあ、いいよ。そういうことにしよう。地球はひとつ、人類は皆兄弟、でもって、兄弟は他人のはじまりだ。三段論法で行けば、地球は他人のはじまりってわけだ。
 いよいよ救いようがないよな。
 ナベツネの地球とオレの地球が同じ地球なんだとしたら、どっちかが出て行かない限り平和は来ないわけだし。
 とすると、こりゃ宇宙人に期待するしかないな。
 とてもじゃないけど、オレら地球人には無理だ。地球を救うなんて、できない相談だ。
 まあ、宇宙混血児なら、あるいはなんとかなるかもしれないけどな。
 ん?
 オチがわかったか?
 そう、地球外妊娠。
 ははは。
 無理に笑わなくてもいいんだぜ。
 言ってるオレが苦虫噛み潰してるんだから


8月21日 月曜日 晴れ
 〆切到来。
 っていうか、過ぎている。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
 ってことは、アレか? 〆切も大幅に過ぎれば、〆切前と同じになるってことか?
「速やかならんと欲することなかれ」
「過(あやま)ちて改めざる、是れを過ちと謂う」
 了解。
 君子危うきに近寄らず。
 

8月22日 火曜日 晴れ
 以前、店に来る客の程度の低さを嘆くメールをくれた薬局アルバイトの薬剤師君が、またメールをくれた。
 以下、勝手に引用する。いや、掲示板がないもので、こういう仕儀になってしまいます。すんません。でも、掲示板の管理人をやる気はまったくしません。
 最近、「何が売れてるのか?」と聞く客が増えて呆れています。
 ダイエット食品や健康食品って、流行モノだったのです。もともと、ダイエット食品は矛盾した商品ですし(何も食べない方がいいに決まっている)、ビタミン類は、不足している人が存在しませんが、それにしたって、他人が何を買おうがどうでもいいと思うのですがね。こういう人たちは、レミングのような精神を持っているんだと思います。
 さらに信じられないのは、メーカーの営業マンが、「今、売れてます!」(新発売で「売れてます!」もないだろう)とかいったシールやポップを売り場に張りつけると、本当に売れてしまうことです。
 うーむ。
 ……
 実は、まさに今日の昼頃、奇妙なダイエットをやっている不安感から「ポポンS」(180錠入り、2480円)を買ったところだったので、このメールには、ちょっと痛かった。
 しかも、私は、薬局のおばちゃんに
「このテのビタミン剤ではどれが評判良いんですか?」
 という質問を発した上でポポンSを買っている。「何が売れてるのか?」と尋ねる客と似たようなもの(っていうか、同じだな)だったわけだ。
 うっ、痛いところを。
 レミングだ。
 つまり、なんというのか、質問しないと不安なのですよ。信じるかどうかはともかく。

 客というのはバカなものだ。
 私もまた、自分でそれなりの商品知識を持っているつもりでいるいくつかの分野(紅茶、コーヒー、爬虫類用品、パソコン関連etc……ま、オタク知識だけど)を除けば、まったくのレミングだ。価格と見かけの好き嫌い以外には
とりあえず、よく売れているものを買っていれば間違いないんではなかろうか。
仮に失敗したのだとしても、よく売れているものでみんなと一緒に失敗したいものだ。
 ぐらいしか、判断基準を持っていない。

 しかしだ。
 それはそれとして、ビタミン剤が無効だという情報はちょっと困る。できるなら、知りたくなかった。
 というのも、わたくしども素人が薬局から買っているのは、どんなラベルがついているのであれ、事実上は「プラシーボ」という万能の特効薬なのだからね。
 無効という情報を得てしまった以上、あるいは、私がいまこうして薬効に疑問を抱いてしまっている限りにおいて、わがポポンSの薬効は著しく低下したわけで、180錠のうち、今日の昼間に飲んだ2錠を除く178錠は、今後、十全なプラシーボ効果を発揮することなく嚥下されることにあいなったわけだ。
 無念。
 せめて、買う前に知っておきたかった。
 

8月23日 水曜日 晴れ
 フジテレビ9時からのドラマ、「愛を下さい」を観た。
 先週の放映を観て、ロケ現場に笹塚第二保育園が使われていることを知ったからだ。保育園以外にも、このドラマは、笹塚、幡ヶ谷、下北沢あたりの風景が頻出する。笹塚に十年住んでいた者としては、なんだか懐かしいわけです。
 ところが、主人公のりりか(菅野ミホ)は、勤めていた保育園をやめてしまったようだ。
 あーあ、興味半減。
 それにしても、このドラマの脚本の腐りっぷりはただごとではない。あんまり呆れかえったものだから、つい最後まで観てしまった。最近のドラマってみんなこんな調子なのだろうか? それとも辻仁成って……なのか?
 熱演するカンノがちょっと哀れだった。だって、あの脚本じゃ熱演すればするほど浮きあがるだけなんだから。
 陣内(名前はなんだっけ)君も、なんだか「脚本にアカ入れたい気持ちを押さえながらの演技」って感じで気の毒だった。良い役者なのに。
 セリフのクサさもクサさだが、登場人物のキャラクター設定から名前からすべてが異次元のぶっ飛び方だ。
 カンノミホ演じるところの「孤児院で育った愛を信じられない少女・保育士にしてストリートミュージシャン」りりか(リリックのつもり?)という主人公からしてカビカビ少女漫画風なのだが、この「りりか」にからんで「基次郎」(梶井?)やら「中也」(ストリート・ミュージシャン仲間。ナカハラチュウヤ?)やら「未明」(りりかの同僚。山田未明?)が、「愛」だの「本当の友情」だのについて高田馬場臭い生硬な議論を闘わすのであるからたまったものではない。顔から火が出そうだった。あやうく「うわあ」と叫んで走り出すところだった。何と言うのか、味の濃すぎるおでんを我慢して食っていたら、ゲソ巻きのゲソが舌にからみついてきたみたいな気分……いや、わかんないなら良いんです。
 辻君の言っていた「文学を守る」ってこういうことだったんだろうか。
 自作自演の主題歌「愛をください」がしつこく挿入されるのにも閉口。
 公私混同というのか我田引水というのか……ちなみに、私の耳にはリフの「愛をください」というフレーズが「I Walk ダサイ」にしか聞こえませんでしたが、もしかしたら、これは辻先生の自戒ですか?
 作家は、巨大な自己顕示と巨大な羞恥の両方を兼ね備えているべき存在だ。が、どうやら辻君は一方しか持っていない。なんだか、赤いソーセージの入ったおでんを食わされたみたいな気分だ。
 辻君については、本職の小説を読んでないわけだから、これ以上の言及は控えよう。既に充分に言い過ぎた。すまん。ともあれ町田康とはえらい違いだ。
 実は、辻君のイヤミったらしさに辟易した(といっても、ポストに書いてたエッセーぐらいしか読んだことはないわけだけど)おかげで、私は長らく町田康を遠ざけていた。「どうせ似たようなもんだろ。ミュージシャンあがりの文学者なんて」と、一緒くたにしていたのだ。
 つい先日、書評の仕事で、改めて町田康の著作を読んでみて、自らの不明を恥じることになった。
 素晴らしい。この十年、いや二十年で最大の収穫かもしれない。
 あの文体はまさにファンタジスタだ。なんということもない横パスで観る者を魅了してうしまうロベルトバッジオのプレースタイルみたいだ。
 もちろんファンタジスタである以上、時に無残な失敗の数ページが混じっていたりするわけなのだが、そんなことは問題ではない。余人の為し得ない仕事をしている人間は、失敗する権利を持っている。というよりも、ファンタジスタは、90分間を通じたパフォーマンスの確実性や実効ではなく、ワンプレイの破天荒さで評価されるべきなのだ。
 ただ、あの愉快痛快奇奇怪怪な曲芸的文体は、よほどのイマジネーションの裏付けが無いといっぺんに空疎な独善に陥る。
 とすれと、彼もまた多くのファンタジスタがそうであったように、短命に終わる可能性がある。
 って、オレが心配することじゃないですね。
 おやすみなさい。


8月24日 木曜日 晴れ
 暑さで寝られず。
 エアコンをつけて昼中寝る。
 私は地球に厳しい生き方をしている。
 私は地球を甘やかさない。
 本人のためにならないからだ。
 地球よ。
 他人に優しさを期待するというのは、弱さだぞ。

※アンディ・フグ急死
 アイルトン・セナもそうだったが、真面目過ぎるスポーツマンは短命なのかもしれない。
 
※夜になって、小野オリンピック代表漏れ? のニュース
 曖昧なニュース。こんなの流す価値あるのか? やきもきするだけじゃないか。
「関係者によると、活躍が期待されたMF小野伸二(浦和)が代表から漏れた可能性が出てい」(共同)
 ってのはどういうことだ?
「関係者」っていうのは、誰なんだ? どこのどういう立場の何の関係者なんだ?
「可能性が出ている」っていうのはどういうことだ?
 はっきり言えないということか?
 誤報への保険なのか?。
 とにかくがっくし。
 気落ち。
 オリンピック観る気なくなっちゃう。
 それにしても、サッカー協会は24日に提出したリストの発表をどうし27日に設定したんだろう?
 オールスター戦に向けたマスコミ対策か?
 漏れるに決まってるじゃないか。
 ちくしょう。腹がたつ。


8月25日 金曜日 晴れ
 巣鴨。
 仕事に励む。
 歯を食いしばって頑張る。
 と、歯痛。
 因果な体質。
 でも、待っててください、皆さん。
 もうすぐです。


8月26日 土曜日 晴れ
 歯痛続く。
 もう、歯を食いしばってるわけじゃないのに。
 むしろ、呆然と口を開けているのに。

 小野伸二の情報が乱れ飛んでいる。
 憶測が入り乱れている。
 そもそも、情報を隠すからいけないのだ。
 情報を隠せばマスコミが騒がないとでも思ったのだろうか。
 隠しきれもしないくせに。
 中途半端な情報管は憶測の温床になる。
 常識じゃないか。
 とにかく、明日の発表を待とう。

ball20.gifJリーグたらみオールスター:イーストvsウェスト
 5-2でウェストチームの圧勝。これで西側が4連勝。MVPはストイコビッチ。なるほど。 「イースト」「ウェスト」という言い方が浮ついている。
 「西軍」「東軍」でいいじゃないか。「東西対抗戦」でいいじゃないか。
 まあ、何年か前の「ベガ対アルタイル」(←七夕の織姫と彦星のつもり。うわああ)よりはずっとマシだけど。
 博報堂(だったよな? 確か)ってバカだなあ。
 オレがことあるごとに電通の悪口を言ってるからって誤解するなよ。別に博報堂を評価してるわけじゃないんだから。っていうか、博報堂は批判する気もしないほどくだらないという意味で、電通以下なのだよ。
 電通の皆さんも気を悪くしないように。
 私が罵倒するのは、一目置いてるからです。
 といっても、こんなことを言ったからって、ヒロスエは誤解しないように。
 オレがなにかにつけてあんたを批判しているのは、一目置いてるからじゃないぞ。
 単に大嫌いだからだ。
 虫酸が走るんだな。キミを見てると。
 だから、気を悪くするように。

 試合は午後7時から、テレ朝の1時間遅れ録画録画にて観戦。
 中継というよりは「ダイジェスト」と呼ぶべきだと思う。
「CMを入れる余地を確保しつつ、なおかつ得点シーンを放映し逃すリスクを避けよう」
 とする苦肉の策だということはわかる。
 が、それにしても何から何まであんまり最悪すぎる。
というわけで、あんまり試合に集中できなかったけど、一応感想をすこしばかり。
 試合展開はスリリングだったし、得点も多かった。選手個々の技術もさすがにオールスターだけになかなかで、ひとつひとつのプレーには色々と見所があった。
 でも、やっぱり自分がサポートしてるチームじゃないと興奮しない。どうしても評論家っぽい見方になってしまう。

 気持ちが盛り上がらないのは、テレ朝の腐れ中継のせいもあるが、むしろ小野君が出ていなかったからだと思う。
 オリンピックの選手選考情報が気になっていたということもある。
 心ここにあらずってやつですね。

 小野君は選ばれるのだろうか。本当にはずされてしまうのだろうか。
 心が乱れる。
 好きな女のコから年賀状が来なくてやきもきしている三が日の中学生みたいな気持ちだ。
「まだ、1月3日だし。もしかしたら明日あたり届くかもしれない」
 なーんて期待しながらも、信じているわけではない。で、三十分ごとに期待とあきらめをいったりきたりしつつ、あれこれと年賀状が来る理由と来ない理由について各々二十個ずつの根拠を並べ立てては朝からくよくよしている14歳。
 そのくせ自分の方は年賀状を出してない。
 ばか。
 何者だ? お前は。
 まるで変わってないじゃないか。