7月16日 日曜日 晴れ
 墓参。
 寺の本堂の壁に葉っぱみたいな形と色の蛾(蝶?)がとまっているのを発見。
 あまりにも絶妙な擬態に感動。  捕まえてみたくなった。  ところが、脱いだ上着をかぶせて、さあつかまえようと言う時に母親が
「今日はお盆だから殺生はいけないよ」
 などと、似合わぬことを言う。
「えっ?」
 と思わずひるんだスキに逃げられた。
 信仰心はカケラも持っていないつもりなのだが、やはり「殺生」なんて言葉を使われるとひるむ。
 結局
「あれは、お爺さんだったのかもしれない」
 という話になる。
 そうかなあ。爺さんはオレが5つぐらいの時に死んじまったんで、通せんぼをされた記憶ぐらいしか無いんだけど。
 もう一人の爺さん(母方の祖父)も同じ頃に死んだ。
 この爺さんには、鼻水を見せられた記憶しかない。
 あんまりデカい音で鼻をかんでいるんで、びっくりしたオレがじーっと見つめていると
「ほら」
 と言って見せてくれたのだ。
 気持ち悪かった。
 大量の、うす緑色の、老人の鼻汁。
 昔の老人は子供を甘やかさなかった。
 いや、単にウチの家系かも知れないが。
 鼻汁と通せんぼ。
 オレも孫ができたら、同じことをしよう。
 幼児には老人の魔力を見せてやらないといけない。


7月17日 月曜日 晴れ
 暑い。
 東京の最高気温は35度を超えたらしい。
 「人はなぜ学歴にこだわるのか。」(メディアワークスより8月下旬の刊行予定)のゲラを出す。
 タイトルは、もう少ししゃれたのをつけたかった気もするのだが、きょうび単行本のタイトルはなによりわかりやすくないといけないらしい。
 
 ともあれ、ほっと一息、だ。

 夕刻、昨日捕り逃した蛾のことを考えながらなんとなくきょろきょろしつつ歩いていると、旧NTT赤羽局のビルの壁面にヤモリを発見。
 早速実家の駐車場に置いてあるクルマを持ってきて、トランクから補虫網を取り出す。やはり、こういうことにはきちんとした道具が必要なのだ。
 網を一閃すると、ヤモリは消滅。
 ……おお、網に穴が開いている。

 気を取りなおして常盤台の銭湯に向かう途中、
「あっ、ヤモリ」
 という声。
 どうやら、網から逃れてそのままクルマの窓にはりついていたようだ。
 早速捕獲。
 でも、捕獲してどうしようというんだろう。


7月18日 火曜日 曇りのち晴れ
 巣鴨に出動。
 

7月19日 水曜日 晴れ
 終業式。
 三菱自動車のリコール隠しが発覚。
 浦和レッズに累が及ばなければ良いが……と、思わず身内可愛さの感慨を抱く。
 誰でも身内は可愛い。
 身内が可愛く思えないような人間は、人間として失格だ。

 ウィンドウズメディアプレイヤー7日本語版をインストール。
 メモリリークがあるのか、MP3のファイルを自動連続演奏させておいたら5曲目ほどでハングアップする。
 なあ、ビル、部下の仕事ぶりはキチっとチェックしとけよ。
 詰めが甘いっていうのは、オタクとして最低なことだぞ。
 ん? もうオタクじゃないって?
 おい、ビル。
 引退したオタクは人間のクズだぞ。
 おぼえておけよ。
 一度でもオタクだった人間は、死ぬまでオタクを貫くか、でなきゃ抜け殻になるしかないんだ。
 
※ジョブズ
 インターネット経由で、マックワールドエキスポを覗く。ジョブズの基調演説に2時間近くつきあった。
 QuickTime4.1のサイトはなぜか不調で受信できず。リアルプレイヤーではうまくいく。
 ジョブズはすっかり奇妙なおやじになっている。
 それにしても、話題がマック限定(それも自慢話限定)ということになると、かなり早口の英語が聴き取れてしまうから不思議だ。
 サッカーの英語放送も、たとえばマンチェスターユナイテッドの試合なんかだと、かなりの部分まで聴き取ることができる。
 いや、英語力を自慢しているのではない。
 私のヒヤリング能力は、一般のステージではほぼ完全に無効だ。
 5年ほど前アメリカに行った時、レンタカー屋のねえちゃんの話(保険の説明?)が一言半句理解できなかった。イタサッカーリアンレストランの兄ちゃんの「You are wellcome」さえ聴き取れなかった。
 つまり、私は、マッキントッシュと古いブリティッシュロックと有名どころのサッカー選手の話だけなら、外人サンともなんとかコミュニケーションがとれるわけですね。
 そんな外人と付き合っても何のメリットもないだろうけど。


7月20日 木曜日 晴れ
 海の日。
 それがどうした。
 海をどうしろと言うんだ?
 

7月21日 金曜日 晴れ
 昼:妻子を新潟に送り出す。
 夕刻:著書のための撮影。イギー氏とのからみで「著者近影」を撮る。イギー氏との肉体接触は年々キツくなる。30分ほどの撮影で、ウデが傷だらけになった。
 夜:朝日夕刊のための原稿。
 深夜:全英オープンゴルフをテレビ観戦。ついつい明け方まで観てしまう。
タイガー・ウッズは素人目に見てもまったく危なげない。ドライバーの飛距離のみならずアプローチ、パットすべてが異次元。観ていると自分が勝っているみたいで気分が良い。
 それにしても私はいったいいつから勝っている選手(またはチーム)に感情移入するタイプの人間になったのだろう。
 若い頃はたいていの場合負けている側の選手やチームの身になってゲームを観ていたものだが。
 あるいはこれは精神力の衰えだろうか。
 

7月22日 土曜日 晴れ
 ムチャクチャに暑い。
 今年の夏はもしかしたらとんでもないことになるかもしれない。
 ヤモ君のためにミールワームを買う。
 ヤモリは、生きている虫しか食べない。
 といって、毎晩捕虫網を持って街灯の下に立つわけにもいかないではありませんか。
 昔、NIFTYのFPETでにこんな書きこみを読んだことがある。
 なるほど。
 というわけで、栄養が偏る(太るらしい)ことは知りつつミールワームを買いました。いまのところ、嫁サンには内緒(在新潟ですので)で、冷蔵庫に保管している。この季節の室温だとすぐに羽化して蛾になっちまうんで。
 ま、小型爬虫類キーパーとしていちじるしく志の低い態度ではありますが、まあ、ヤモ君の場合はおっ放すという奥の手もあることだし。

ball20.gif浦和レッズVSヴァンフォーレ甲府
 テレビ埼玉にて生観戦。実況上野晃、解説田口。
 相手は1勝19敗の甲府、しかもホーム。大量得点での勝利がノルマだろう。

 スタメン、2トップは右岡野左クビツァ。中盤は阿部が外れて伸二、永井、石井、ペトロの四人。DFは山田が復帰して、左から山田、西野、ピクン、路木。永井が阿部に代わればベストメンバーではなかろうか。

 深夜:またしても未明まで全英オープンを観る。
 タイガーウッズを激しく応援。