2月13日 日曜日 晴れ

 久々に寝不足。
 昼の間、来客で昼寝が出来なかったのが痛い。パソコンに向かうもののレム睡眠。

ball20.gifアジアカップ予選:日本VSシンガポール
 3-0で勝ち。つまらない試合だった。
 シンガポールはどういうゲームプランだったのかまったく攻めてくる気配なし。しかも、点を取られれば取られるほど露骨に守備的になる。リー・クワン・ユーのオヤジに失点×いくらかで罰金でも科されていたんだろうか?

 BSのアナウンサー氏(名前失念)も低レベルだった。素人なのか、サッカー嫌いなのか、それともあの臨場感の無さは、現地実況じゃなくてテレビ画面を見ながらの実況だったからということなのだろうか。
 ボールホルダーの名前はほとんど言わない。たまに言うと間違い。試合の展開(展開もへったくれもなかったといえばそれまでだけど)に関係の無いウンチク話ばかり。で、またそのウンチク話にまるで内容がない。愚痴オンリー。解説の木村カズシさんに向かって「攻撃のアイディアが……」だの「打開策は……」だのとという問いかけを繰り返すばかり。カズシさんの答えもほとんど意味ナシ。ただでさえショボい試合が、最悪の試合になってしまった。カメラワーク、スローの挿入タイミング、カメラ割りも出鱈目だった。
 アジアの試合にしては審判が比較的マトモだったことが救いといえば救い(突っ立っててプレーの邪魔になることも多かったし、なんだかやたらに選手同士を呼びつけて握手させたがっていたが、まああれでもアジアの審判としては十分に良質な部類に入る)だろうか。
 以下寸評。忙しいんだけど。
 さあ、これからまた仕事だ。


2月14日 月曜日 晴れ
 誰が聖バレンタインを殺したのだろう。
「わたしです」
 と、チョコレートが言った。
「愛情と血糖値を混同させたのは、私です」
 とすると、チョコレート業界の介入がなければ純潔は保たれたのだろうか。少女たちの告白にかりそめの甘さを与えているのは砂糖でさえないのだろうか。それとも、そもそも虫歯の間から発せられる愛の言葉は真摯な想念を欠いているのだろうか。
「違うわ。義理チョコを強要する日本社会の横並び志向が犯人よ」
 どうしてそう思われるのですか?
「だって、愛情って本来は差別なのよ。一人だけに贈って、ほかの全員を無視するからこそチョコレートは愛の告白であり得たわけでしょ。全員に配ってどうするのよ」
 じゃあ、どうしてあなたたちは多人数に配るようになったのですか?
「まあ、年賀状と同じよ。心にも無い挨拶、またの名を礼儀ね。ああいやだ日本人って。とにかくこういう腐った慣習は一度定着しちゃったら二度と廃絶不能なのよ。前例踏襲みたいになっちゃって」
 いやならやめたらいかがですか?
「そりゃあたしだって、職場のクソおやじにチョコレートなんか配りたくないわよ。でも、しょうがないのよね。オヤジってひがみっぽいし、若いコにだけ配ると、そのコがいじめられるだけなんだから」
「おいおい、そりゃ言いがかりだぜ。オレはチョコレートなんか注文した覚えはないぜ」
「でも、貰えないと傷つくわけでしょ。いっちょまえに」
「これ見よがしに配って歩くからだろうがよ。施餓鬼じゃあるまいし」
「あら、全員に配ってるわけじゃないわよ」
「だから、それがいじめだって言ってるんだよ。一人だけにこっそり渡すか、でなけりゃ全員に平等に配給するんならともかく、【複数だけど全員じゃない】って配り方は、要するに配る人間に対する好意というよりは、むしろ配らない人間に対する悪意の表明じゃないか」
「おまけにホワイトデーだなんてことを言うからな」
「だよな。返礼を期待した瞬間にプレゼントは意味を失うとオレは思うな」
「意味を失うどころか、ホワイトデー折りこみ済みの、配給リストつきチョコレート配布は、言ってみれば返礼予約の強要だぜ。ヤー公が賭場の常連に寄越す付け届けとおんなじだよ」
「返さなきゃいいじゃない」
「でも、ホワイトデーを無視すると、翌年はチョコレートゼロになるわけだろ?」
「あら、貰えないと困るわけ? 結局はほしいんじゃない」
「違うよ。一人だけ貰えないとみっともないってだけの話だよ」
「だからそれが横並び志向だって言ってるのよ、アタシは。まったく他人と同じじゃないと安心できないんだから、チキンおやじは。ああいやだ」
「でも、そういうあんたらだって、ホワイトデーに返礼をよこさなかった人間を執拗に記憶してたりするわけだろ? そんなプレゼントのいったいどこか感謝の気持ちのあらわれなんだ?」
「感謝? いったいどこの誰のどんな行動に対して何を感謝したら良いって言うの? 何が悲しくてセクハラ腐れオヤジに感謝なんかをバラ撒くもんですか。バカじゃないの?」
「ってことは、感謝のしるしじゃないとすると、倍返しが礼儀だとかいう言い方からして、キミらのバレンタインチョコレート配布行動は、鼻薬か? 一種の営業活動なのか?」
「商売か?」
「商売女か?」
「良い考えがあるんだけどね」
「おお、言ってみろよ」
「ホワイトデーっていうくらいだから、名前にちなんでいっそ白い液体を返すのが良いんじゃないかと思うんだな、オレは」
「白い液体?」
「うん」
「ああ、あのゲル状のヤツね」
「いいねえ。ジップロックに入れて」
「ははは、希望者には直接注入」
「最低! もしそんなことしたら来年は茶色いコロイド状物質を机の上に置くわよ」
「そうね。希望者には直接」
 ……ってな調子で、バレンタイン←→ホワイトデーの贈答習慣が、うんこ・ザーメン交換の泥仕合になったら素敵だろうな。
 コロイド・ゲル交換。
 ぜひ実現してほしい。
 マジで。


2月15日 火曜日 晴れ
 報知新聞によれば、ヴェルディーの中澤選手に届いたチョコレートはたったの1個だという。
 本当だろうか。
 野球絶対主義者によるサッカー誹謗プロパガンダ記事なんじゃないのか?
 あり得ない話ではない。
 報知あたりだと、ヴェルディの番記者なんて、巨人番の落ちこぼれの担当ポストなんだろうし。
 でも、もし本当だとすると事態は深刻だ。
 若手独身有望選手のボンバー中澤にして1個とは。
 日本サッカー界の将来を思って暗澹たる気持ちになる。
 ちなみに西武ライオンズの松坂ダイスケ君は、約1200個のチョコレートをゲット。
 松坂クンが憎いわけではないが……
 いや、憎い。
 っていうか、憎まないといけない。
 誰か憎まないとバランスが取れない。


2月16日 水曜日 晴れ
 巣鴨回避。原稿執筆に専念。久しぶりに仕事がはかどる。

ball20.gifアジアカップ日本代表VSブルネイ代表
 午後7時半よりBS1にてテレビ観戦。
 実況アナはシンガポール戦の某君よりはマシだったものの、やはりしばらく聴いているとどうにも素人くさくてかなわない。まあ、Aマッチとはいえ、格下相手のアジアカップ予選に過ぎないわけで、NHKとしては新人アナに経験を積ませる機会ぐらいにしか考えていないのだろう。
 解説の長谷川健太は無難にデビュー戦を飾ったといったところ。とはいえ、声のトーンはともかく、言ってることは凡庸で面白くない。
 現役選手の見方というのは案外あんなものなのかもしれない。つい二ヶ月前まで現役だったケンタが「戦術云々より、まずは気持ちです」というのなら、サッカーとはそういうものなのだ。
 我々観戦オタクは色々とうがった見方をしがちだが、ケンタ氏の言う「とにかく前に出ることです」といったあたりのところにこそフットボールの真実はあるのだろう。
「そう。フットボールってのは文字通りボールを蹴っ飛ばすスポーツだからな」
 おお、これはマラドーナ先生。心配してたんですよ。心臓の方は大丈夫ですか。
「ふん。大丈夫もへったくれもあるかよ。オレを誰だと思ってるんだ? 不可能を可能にしてきた男の名前を知らないのか?」
 ええ、もちろんディエゴ・マラドーナのルールブックには不可能はありません。よくわかっています。でも、一歩ピッチから外に出れば、あなたとて、ただの人間ではありませんか。
「オレがただの人間だと? おい!オレのリフティングを見たことがあるのか? オレの手は神の手でオレの足は神の足で、オレの頭は神の頭だぞ」
 先生。お言葉ですが、あなたはここ10年の間、コカインとアルコールに包囲されてまるで突破できなかったじゃないですか。
「包囲? 何を言ってるんだ。コカインとオレはチームメートだぞ。コカインとのワンツーで敵の壁を突破して、最後はアルコールと空気銃で……
 

2月17日 木曜日 晴れ
 引き続き原稿執筆。
 デスクから立ちあがってみると、なぜか突然の腰痛。
 歩いていないからか。
 それとも気のせいなのか。
「オレは腰痛を押して頑張っている」
 と、自分でそう思いたいから、あえて痛んでいるのだろうか。
「予防線じゃないのか?」
 違うよ。信じてくれ。
 持病が仮病だなんて、そんな……
 
 

2月18日 金曜日 晴れ
 午後より幕張メッセに出動。プレイステーション2の発表会およびマックワールドエキスポを見学。
 買わねばならないだろう。
 マックは「勝手にしろ」という感じだ。
 ここ数年、マックはヒッピーカルチャー由来の良さ(オープンマインド、反エスタブリッシュメント思想、理想主義)を失って、悪いところ(いいかげんさ、腐れカルチャー志向、独善、ミーイズム、甘え、事大主義)ばかりが目立つようになっている気がする。
 スタイリッシュ?
 やめてくれよ。
 レースの下着じゃあるまいし。
 オレは電気の通ったマシンにファッショナブル面をされると虫酸が走るんだ。

 マイクロソフトが図々しくウィンドウズマシンを展示しつつWindows2000やらOffice98のブースを出していた。
 どういう意図なんだろう。
 ビル・ゲイツのジョークだろうか。
 中日ドラゴンズのファン感謝デーにジャイアンツの元木あたりが顔を出してるといったところか。
 


2月19日 土曜日 晴れ
 プレステ2のネット予約サイトがダウン。
 まあ、こんなことになるだろうとは思っていたけど。
 で、どうせオレは買うわけだ。
 テレビのワイドショーのオヤジに揶揄されながら、それでもやっぱり発売日にゲットするわけだよ。
 だって、欲しいものなんてこれぐらいしかないんだから。