8月15日 日曜日
 終戦記念日。
 昨日まで、私はよく闘った。
 真夜中に日記を更新して、朝は雨の中、突然やってきた親戚を接待するために実家に向かった。
 そして、昼過ぎから3本の原稿をあげた。
 本当によくがんばった。
 午後9時過ぎに、柏レイソル・下平選手の放ったシュートがゴールネットをぶらぶらさせるまで、私は大変に優秀だった。
 でも、もう終戦だ。
 わが浦和レッズは、既に、J2に片足を突っ込んでいる。
 言わば、J1.9だ。
 もうおしまいだ。

 ってことで、本来ならここでおしまいにしたいところだ。
 だって負け試合のレポートをこなす義理はないんだからさ。
 でも、いつも愛ROMしているサッカーカフェで、当ページを取り上げてくれた人がいたことでもあるので、律儀に一応感想を述べておくことにします。

ball20.gif浦和VS柏
 2-3で延長Vゴール負け。
 前半は比較的引き締まった試合に見えたが、後半にはいって雨が降り出してからはニワトリの喧嘩みたいな不毛な突っつき合いになった。
 中盤を構成できない両チームによるカウンター合戦といったところか。
 とにかくパスミスが多い。CMの合間と前後半のインターバルの間にチャンネルを切り替えて観戦した磐田VS清水戦と比べて、サッカーの質が明らかに低い。
 こんなサッカーをやっていたんでは、上位チームにはとても勝てないだろう。

 いや、上位チームなんてどうでもいいんだ。
 優勝ラインにも興味無し。サッカーの質だのといった高踏的発言も封印だ。
 今日を境に、われらレッズサポは、ジェフ、ベルマーレあたりの試合結果に一喜一憂しつつ、勝ち点乞食となってライン際を這って行くのだ。そう。バロンの故障を祈り、中西の骨折を願い、佐藤工業の倒産を念じるんだ。
 もちろん、立派な態度とは言えない。そんなことはわかっている。
 でも、崖っぷちを歩いているオレたちの、みっともない歩き方と重心の低さを、どうか責めないでくれ。
 衣食足って礼節を知る。勝ち点余って戦術を知る。J2去ってライン上がる。だよ。  う、ううむ。
 Vゴールの瞬間に脳血管が500本ほど切れた(知能指数換算で約マイナス12)せいで、アタマがうまく働かない。
 もしかしたら、下平に見事に抜きまくられたのは、ポジションをコーチングする田北が「ジュゼッペ・ザッペッラ」というやたらに発音困難な名前を言いよどんでいたからなのかもしれない。
「ジュゼッペ・ザッペッラ! 左だ。左に寄せろ!」
「ジュゼッペ・ザッペッラ! そっちじゃない! ああああ」
 ……レッズは、正式に終了なのだろうか。
 水戸だの仙台だのと赤ホッペダービーを争うことになるのか?
 ア・デモスは、本当にサッカーの監督なのだろうか?
 K−1のために来日したチャクリキ道場のトレーナーか何かじゃないのか?
 あの体格と顔は、格闘系にしか見えないぞ。
 懲罰担当か? 
 フリーキック練習用の壁要員か?
 そうだ。電話をかけてみよう。
「本日のペトロビッチは終了いたしました」
 ペトロよ。おまえも脳死か? 友よ、君もまた知能指数2割ダウンなのか?
 それより、チキはどうしたんだ? われらが老雄ベギリスタインはどうして出場してなかったんだ?
 定休日か?
 スペインにもお盆があるのか?
「伸二無い」
 おお、チキよ。どうしたんだ? 何を信じないんだ?
「伸二抜いて、伸二待って、伸二無い。ワカルカ? 伸二と心中した我らの罪ヨ。」
 チキよ。お願いだ。腰が痛いのはわかる。でも、もうひとふんばり、レッズのためにがんばってくれ。伸二を失った今、キミがいないと、誰もラストパスを出す人間がいないんだよ。仮にも君は、あのバルセロナの黄金時代を支えた黄金のミッドフィルダーじゃないか。
「蹴るからに 腰に痛みの走るれば むべ過ぎし日をパスと云ふらむ」
 ああ、チキよ。何が過去なものか。
「バルサも沈む運命(さだめ)悲しき」
 ああ、チキよ……


 いくつかのサイトで、14日分の日記が紹介されているようです。
 というわけで、イラストをアップしておきました。
 律儀ということが私の寿命を縮めるかもしれない。
 ま、某誌向けに書いた絵の流用モノですけど。


8月16日 月曜日 晴れ一時豪雨 軽井沢初日
 午前7時まで原稿執筆。その後眠る。
 午前11時:PCが壊れる。
 いつものことだ、と思ったが、どうやら今回は様子が違う。
 というわけで、起動しないマシンをそのまま残して、正午過ぎに軽井沢に出発。
 上信越自動車道は富岡・下仁田間で道路が崩落しているとかで、通行禁止。高崎から一般道を行く。
 高崎市内で雷雨に遭遇。
 午後6時半に浅間庵(Y田氏の別荘っていうか、小屋だな)に到着。
 北軽井沢の飯屋で夕食。


8月17日 火曜日 晴れ 軽井沢二日目
 午前8時半起床。
 パンを食べる。
 テントを張る。
 昼過ぎに釣堀。
 夕食後、Y田氏のクルマが、別荘近くのコンビニ(北軽井沢の牧場と別荘しかないようなところにも、ちゃあんと24時間営業のコンビニがあるんですねえ)当て逃げに遭う。
 幸い目撃者(茶髪の若者たち。ナンバーと車種を完全に暗記していたという。えらい)がいて、犯人はすぐに割れた。私も現場に行って立ち会いました。
 
 以下、当て逃げ犯とおまわりさんの会話。
警官「どうして逃げたの? ん?」
犯人「いえ……逃げたわけでは……」
警「だって当てたわけでしょ」
犯「いえ……当てた覚えはないんですが……」 ←この段階では、彼(20代後半、背広を着て現場に登場)は、「当て逃げを認めてはマズい」と判断していたようだ。まあ、気持ちはわかるね。だって道交法だけの話じゃないからね、当て逃げは。
警「ん? じゃあ当てたことは認めないんだね」
犯「……っていうか、気づかなかったし……」
警「キミが事故を認めないっていうことになるとだね。こっちとしては、目撃証言を集めて、証拠調べをして、当て逃げ事件として正式に捜査するほかに方法がなくなるんだけどね……」(と、暗に「当てたことを認めればコトを荒立てるようなことはしないよ」ということを示唆する。おおおお、なるほど。これが現場の警官の裁量権ってやつか)。
 結局、帰りは午前零時を過ぎた。
 テントで寝られず。


8月18日 水曜日 晴れ 軽井沢3日目
 暑い。
 今年の軽井沢は、例年になく暑い。
 T君発熱。
 夜、花火。

ball20.gifレッズはマリノスに負けたらしい。
 いいや、僕は泣いてなんかいない。
 線香花火の煙が目に染みるだけさ。


8月19日 木曜日 晴れのち雨 軽井沢最終日
 予定を一日早めて帰ることにする。
 マシンも壊れたままだし。
 午後3時ごろ、現地を出発。
 午後8時に赤羽着。
 帰宅後、一応マシンの復旧を試みるが、情熱が持てない。

 深夜になって妻のマシンでホームページにアクセスしてみると、ををを、カウンターがリセットされている。
 20日午前2時30分現在で、1826人ということになっている。

 F井のヤツが夏休み中にサーバをいじって何かがあったのだろう。
 まあ、仕方がないか。
 がっくりして泥眠。


8月20日 金曜日 晴れ
 マシンは結局どうやっても復旧せず。
 明日、ケーブルテレビの工事がやってくることでもあるので(というのは、つまり、ケーブル接続のインターネットに対応するために、PCにLANボードを挿しこままなければいけないのだが、このマシンでは……)、急遽新しいマシンを購入することに決定。
 池袋のビックカメラパソコン館をのぞいた後、秋葉に行く。
 やはり聖地に行かねばいけない。
 二時間ほど迷った(できれば浦和レッズのスポンサーをやってくれているコンパックのマシンを買いたかった)あげく、スペックと値段の兼ね合いから、ツクモ電気のオリジナルマシン(←みっともない)を買う。ごめんよ伸二。
 うん。
 そうだよ。
 オレは結局オタクなんだな。
 スペックと値段のことしかアタマにないんだよ。
 でも、オウムものに手を出さなかった見識だけはほめてくれよ。あきらめるのに苦労したんだから。

 帰宅後、メシも食わずにインストール作業。
 そうだとも、オレはインストールが好きだ。
 

8月21日 土曜日 晴れ
 インストール。
 マシンの筐体を開けて、旧マシンからぶっこ抜いたハードディスクとLANボードを挿す。
 ハードディスクのデータを継承することについて、ビックカメラのアホ店員は「無理です」と言っていたが、知り合いのオタクさんに相談したところ「できますよ」という答え。
「ジャンパスイッチをスレイブ側にして、IDEに挿せばオッケーです」
 とのこと。
 持つべきものはオタクの友。

 午後、ケーブルテレビの工事業者が来訪。
 引き続きインストール。
 このマシンはとてもうるさい。
 冷却ファンがデカいということは、CPUがある程度高性能(ペンティアムUの400メガ)な場合、仕方がないのか?
 それとも、メーカー品に比べてツクリが粗いということか?
 ともかく、非常にうるさい。ひと時代前のエアコンみたいだ。
 暴走族仕様だろうか。
 
ball20.gif浦和VS清水
 後半だけテレビ観戦。
 0-3。
 惨敗という言葉を、今日の試合のためにあらかじめ発明しておいた男は、偉大だと思う。
 誰だろう?
 ジュゼッペよ、キミか? キミがこの日本語を発明したのか?

 ジュゼッペ・ザッペッラの抜かれっぷりはすごい。
 たとえば、ボランチの選手だったら、ああいうふうに敵のタマを獲りに行くべきなのだろうが、最終ラインの選手がやっていいことではないと思う。
 だって、抜かれたら即一点モノだし、仮にインターセプトしたところで、たいしたチャンスになるわけでもないんだから。

 いや、選手を責めるのはよそう。
 責められるべきは、ジュゼッペが信仰しているというジーザスだ。
 おい、ジーザスよ。
 おまえはどうして、自分の仔羊にディフェンスを教えないんだ?
 シオンの地には、ドリブル突破が無いのか?