2月16日 日曜日 雨
 A3カップ、磐田VS城南一和戦。
 磐田は惨敗。
 膠着状態の中、キム・デイのファインゴール。
 何年か前の日韓戦でハ・ソッチュに決められたミドルシュートを思い出した。
 負け方もその時と同じ。
 ボールキープ率で上回りつつも、シュート力の差でやられる。
 特に後半はまるで勝てそうな雰囲気が無かった。
 調整不足なのか気合不足なのか。
 おそらく両方なのだろう。

 城南一和の胸の「朝鮮人参」の文字がなんともいえない。
 一和の高麗人参茶。統一教会系商品のエース。
 10年ぐらい前は、文春とかの雑誌にもゴロゴロ広告が載っていたが、いつの間にやら見なくなった。
 自粛したんだろうか。
 オレの使っているwacomのタブレットも統一教会系周辺機器ではある。
 原理を憎んでタブレットを憎まず。
 
 


2月17日 月曜日 晴れ
 雨の日の翌日には大量に花粉が飛ぶらしい。
 なるほどね。
 当方は花粉症とは無縁。
 だから花粉情報には真面目な関心をもてない。
 ( ´_ゝ`)フーン と思うだけ。
 というよりも、花粉症の症状を訴えられると
「人間が惰弱なんだよ」
 と言いたくなる。
 いや、わかっていはいるのだ。  花粉症の有無は、人間性の優劣や忍耐力の強弱と無縁だ。うん。わかってるってば。

 でも、それはそれとして、花粉症の人たちの花粉話に付き合うのは、時に面倒な感じのする体験ではあるのだよ。わかってくれ。
 そういえば、以前、
「花粉症のヤツってさ、自分の症状の話する時とか、ちょっと得意になってない?」
 と言ってマジに大反論されたことがある。
「ふざけんなよ。こんなツラくてみっともなくって面倒でうっとおしい病気のいったいどこを自慢してるっていうんだ?」
 そりゃ、まあそうだよな。
 オレが間違っていた。
 お詫びして訂正する。
 花粉er(←と、こういう感じの軽い名乗り方をすると、ちょっと気持ちが晴れませんか? カフナー。音もカフンカフンしていてそれらしいですよね)は得意になってなんかいない。
 きっと、ごくごく症状の軽いヤツが「オレもオレも」という感じで症状話に参加してくる時にちょっとだけ特権意識に似た空気が漂うってことなんだろう。
「バカ言え。どんなに症状が軽くったって、花粉症はひとっかけらも嬉しかったりするような境涯じゃないぞ。そんなことを考えるのは、お前みたいな完全無症状のお気楽な傍観者だけだよ」
 うん。その通りだね。
 花粉erのみんな、ごめんよ。
 上で言ったことは、気にしないでくれ。
 じゃあね。おやすみ。
 眼から鼻に抜ける呼吸で、さわやかに寝ることにするよ。


2月18日 火曜日 曇り
 火曜日はちょっと忙しい。


2月19日 水曜日 晴れ
 蟄居


2月20日 木曜日 雨
 記憶にありませぬ。


2月21日 金曜日 晴れ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
3月8日 土曜日 晴れ
 伸ばしている締め切りがあったので、ちょっと日記を自粛せざるをえませんでした。
 困ったことです。