2003年1月1日 水曜日 晴れ
 あけましておめでとうございます。
 日本のみなさん、年賀状はメールもしくはホームページで済ませましょう。
 はいずれも、地球温暖化の昂進要因です。

 お正月はIT。寒いジョークとデジタルなタコツボ暮らしこそが地球を冷やしてくれるのです。
 一年の計は元旦にありというのはつまり、引きこもりこそが粋人の目指すところだということにほかなりません。

ITを追う者一兎をも得ざり
 って、何を言ってるんだか。
 そもそもウサギ年じゃないし。

 ヒツジで詠むなら

草生えず 陰気の紙を食うばかり

 といったところでしょうか。
 出版業界の今年を占ったわけですが、うん、不吉すぎますね。

 三が日のうちに、もう少し縁起の良さげなのができたら披露します。
 ではでは。
 とりいそぎ、ご挨拶まで。



03/01/01 01:35:39


ball20.gif天皇杯決勝 鹿島VS京都
 京都の逆転勝利。スコアは2-1。びっくり。

 内容も京都の圧勝と言って良いでしょう。
 おめでとう。


 深夜。バカな番組にひっかかる。
 原則としてバカな番組はパスするのだが、限度を超えたバカにはどうしてもひっかかってしまう。
 23:45〜25:15 緊急”関口宏の歴史は繰り返す”

 簡単にまとめるなら「アメリカ合衆国とローマ帝国という二つの覇権国家の歴史を概観し、その類似性をデジャブという視点で……」ってなところ。オレの要約が上手すぎるせいで、良い番組みたいに聞こえるかもしないが、違うぞ。クソだ。
 出演者は、司会司会の関口宏と、岸恵子、東ちずる、森本哲郎、「サンデーモーニング」とかに時々出てくる白髪の新聞記者?(名前失念)のゲスト4名のみ。この5人のトークと再現フィルムで番組が進む。要所要所でデータ挿入。ま、安いツクリです。   番組内でとりあげられていた両国の歴史における「デジャブ」の実例はこんな調子。

ローマ帝国アメリカ合衆国
岐路ルビコン川湾岸戦争
権力の委譲カエサル→アウグストゥスブッシュ父→ブッシュJr
つまずきトイトブルクの惨劇9.11のテロ
仇敵アルミニウスビン・ラディン


 ひどい。
 いや、実例に妥当性がないというのではない。
 「敵作り」「正義のすりかえ」というキーワード(わざわざキーワード入りの小道具まで作っていた)が間違っていると言いたいのでもない。
 私自身、ブッシュのやり方は無茶だと思ってもいる。  しかしだ、関口君。
 何かと何かが似ていることは、何も証明しないよ。
 それに、「似ている」という印象は、どこまで言っても印象に過ぎない。
 わかるだろ?
 あらゆる歴史は似ているのだ。
 当然じゃないか。
 ものの見え方は、視点の置き方次第でどうにでもなる。りんごとかぼちゃは丸いという意味でそっくりだし、犬と机も同じように4本足だ。酷似している。とすれば、文化文政期の日本の歴史とスカンジナビアの中世史だって類似だらけだし、ローマ帝国末期の混乱は、東アジアの現代史にそっくりだ。
 ついでに申し上げるなら、「重大な決断」に際して「ルビコン川」の比喩を使う(←一応ご説明申し上げておきますが、湾岸戦争に臨む演説の中で、先代のブッシュさんがルビコンという言葉を使っっていたのだそうです。で、この事実を、番組は手柄顔で指摘していたわけです。中学生の研究発表みたいに)のは、西洋人の常套手段。慣用句ってやつだ。野球の解説者が「天王山」とか「本能寺」だとかいった歴史用語を使っているのとなんら変わりがない。当たり前じゃないか。

 このままの内容だったとしても、これが歴史教養番組であるなら(中味の空疎さはいかんともしがたいが)たいした罪はなかった。
 しかしながら、当番組において、歴史は主題ではなく、小道具だった。
 つまり「ローマ帝国と米国の類似性」という容易ならざる命題が、検討を要さぬ絶対の前提として扱われ、その両者の類似が、「似ているからじきに滅びるぞ」「似ているってことは、こいつらは両方とも覇権国家だってことだよね」「帝国主義ってこわいわ」ということを証明するための道具に成り下がっていたということだ。
 史実を検討することもなく、類比の持つ意味を議論することもしない。出演している4人が全員同じ意見の持ち主で、スタッフが用意した資料に「なるほどなるほど」とうなずくばかり。
 ひどい。
 要するに、関口君の番組は「反米プロパガンダ放送」だったわけだ。
 元旦早々に、だ。
 良い度胸というべきか、何というべきなのか、私は適切な批評の言葉を思い浮かべることができない。。 
 いや、反米がいけないと言っているのではないのだよ、関口君。だって、オレ自身反米なんだから。
 問題は、プロパガンダとしての出来の悪さだ。あまりといえばあまりの、出来上がりのぞんざいさだ。アメリカのやり方をにケチをつけたいのなら、もう少しほかに方法があるはずだ、ということを私は言っている。
 なあ、関口君。
 相手はアメリカだぜ。
 こんな言いがかりみたいなやり方は無効どころか逆効果だ。  第一、ボブサップ相手に遠くから小石を投げるみたいなマネをして、一体どんな反応を期待してるんだ?
 パフォーマンスのつもりか?
「強者に立ち向かう男」とかの。
 言っとくけど、そのシナリオは古いぞ。十年前の段階で既に。
 反権力を貫く勇気?
 わらわせるなよ。反権力というポーズがキミらの権力を支えているって、それだけの話じゃないか。
 
   まったく。
 自重してくれよ。
 キミらみたいな底の浅い腐れインテリがリベラル面をすることは、リベラルの評判を落とすだけなんだから。
 ついでに、知ってると思うけど、キミらの小利口顔の反米は、ブッシュ政権の思うツボだし、愚民(←岸恵子がこの言葉を使っていました。ああ。なんと愚かな)を教導しているつもりでいるなら、とんでもない思い上がりだ。視聴者はキミが思っているよりもずっと賢い。っていうか、賢い視聴者はそもそも君の番組を観ないし、キミの番組にチャンネルを合わせる層の人々は、一貫した記憶を30分以上維持できないアタマの持ち主なわけだから、キミの教導は無駄だよ。
 いずれにしても、反米リベラルがロマンスグレーの臆病爺思想だと思われるのは困る。
 大変に困る。
 あんたみたいな権力志向のオヤジは、スタッフの下っ端連中に威張り散らす(噂は聞いてるぜ)時みたいに、カメラの前でもマッチョ野郎を貫いていてくれよ。
 たのむ。
 以上、オダジマの小さなお願いだ。
 たのんだぜ。


1月2日 木曜日 曇り
 午後3時に起床。
 午後10時、下高井戸に出動。
 モジュラジャック挿入のため。
 往路40分。
 作業2秒
 復路30分。
 愚痴をこぼさなかったオレは偉い。

 寝よう。
 愚痴が出ないうちに。

 
03/01/03/金 04:16


1月3日 金曜日 雪のち雨<br>  午後1時過ぎに起床。実家にて入浴。
 午後4時、赤羽「銀座アスター」で会食。メンバーは小石川高校i組OBの8人。プラスKの嫁さん。あ、EはH組だったか。いずれにしてもほぼ去年と同じメンバー。似たような話題。酒を飲まない当方にはまったく面白くない。っていうか、オレが酔っ払わないと盛り上がらないことになってるわけなのだな、このメンバー構成の場合は。長い間に出来上がったメンバー相互の役割分担システムの中で、ずっと「困った酔っ払い」の役どころを担ってきたオレが、ある日、禁酒を境にシレっとした素面の男に変身しちまったわけだから、どうにもバランスの取り戻しようがないわけですよ。
 ま、どうにもならないわな。オレ自身、いまさら素面でハイテンションのサービスをやらかす気持ちにもなれないわけだし、だからって代わりが勤まる人間もいないんだから。つまらないですね。年を取るってことは。
 途中、世田谷一家4人殺害事件話題でちょっと盛り上がる。被害者の宮沢某は小石川高校の同窓生。C組出身。直接に知っているヤツはいなかったが、C組の知り合いを通じて入ってきた情報をそれぞれが持ち寄って検討する。とにかく「地味なヤツ」だったようだ。ひどいなあ、ゴミみたいに殺された人間をつかまえて地味の一言かよ。でもまあ、仕方ないよな。誰の印象にも残ってないのは事実なわけだから。
 
 40数年も生きていると、色々な人間にでくわす。
 東電OL殺害事件(不法滞在のネパール人が容疑者に仕立て上げられてすったもんだしたあの事件です)の被害者(←そう、ある朝、道玄坂のアパートで死体で発見された、謎の二重生活者にして慶応出身のエリート女子社員。)は、ヨメさんの中学校時代の同級生だし、行方不明の英国人女性(ナンシー某)を殺したとされる連続暴行殺人魔の織原某は、Ph.DrことファニードラマーAの院生時代の知り合い(もっとも当時は星野とか名乗っていたらしいが)だったりする。
 色々な人間がいる。
 それを思えば、私がこの年齢まで警察のやっかいにもならず、デカい病気もせずに生きてこれたことは、幸運なことだ。
 感謝せねばならない。
 神様に?
 違うよ。
 あんなクソ野郎に感謝する筋合いはオレの側にはない。
 先方がオレに詫びるというのなら、
 
 食事間は午後6時に終了。
 たいしたものを食べたわけでもないのに一人アタマ4000円の料金は高い。
 三が日に町に出る方がいけないのかもしれないが。
 2次会は麻雀。が、近場の雀荘はどこも満杯。やはり正月のテレビに耐えられない人々が多いということだろう。
 20分ほど雨の中を探し回ったあげくに、南口近くの雀荘にチェックイン。
 半荘2回でM島が突然離脱。自動的に終了。午後9時前に散会。
 結果は3位4位。ボロ負け。昨年の勝ち分がきれいに消えた勘定。
 仕方がありませんね。


1月4日 土曜日
 正月の疲れ。
 何もしていないのに。
 休むと疲れる。
 日本人の悪い癖。
 一番悪いのは反省癖。
 反省しよう。