1月20日 日曜日 晴れ
 精神分裂病の名称が変更されるらしい。

 日本精神神経学会(理事長、佐藤光源・東北福祉大教授)は、19日の理事会で、
精神分裂病の名称を「統合失調症」に変更することを承認した。患者や家族から「差
別や偏見を招きやすい」など強い変更の要望があり、ドイツ語の原語の意味を翻訳し
直した、この名称を選んだ。
(毎日DailyMailより)
 素晴らしい。
 賢明な選択だと思う。
「呼び名を変えたからって何が変わるわけでもないだろ?」
 と思う向きもあるかもしれない。
 私はそうでもないと思う。
 精神分裂病に対して偏見を抱いているのは、要するに無知な人々だ。とすれば、そういう無知な人々が抱いている無知な偏見は、名称が変わっただけのことでかなりの度合いで改善されるはずだ。

「精神分裂病? きゃあどうしましょー、コワいわ、○チガイだわ」
  ↓  ↓
「統合失調症? ……そ、それは大変ですねえ。お大事に」

 偏見を抱こうにも偏見のネタになる情報がない。詮索をしようにも知識を持っていない。それゆえ、彼らは「統合失調症」という耳慣れない言葉に対しては、穏当な言葉を返すぐらいの反応しかできない。
 素晴らしい。
 あるいは10年もたてばこの言葉にも偏見が染み付いてしまうかもしれない。
 その時はその時だ。また名称変更をすれば良い。
 いっそ素人には発音できない「骨粗鬆症」みたいなタイプの思い切りやっかいな名前をつけるか、でなければ、無知な素人の詮索欲求を封ずるに足る、40文字ぐらいのややこしい人名を並べた症候群にすると良いかもしれない。
「ご主人、入院なされたそうで」
「ええ、フリスト・ストイチコフ=ゼリコ・ペトロビッチ症候群とかいう病気らしくて」
「……どういうご病気なんですか?」
「さあ、私もよくわからないんですが、なんでも大脳皮質の内部でサイドチェンジのパスがうまく通らないんで脳内物質が勝手なドリブルをどうしたとか、お医者はそんなようなことを申しておりましたが」
「……まあ、そうですか。とにかくお大事に」

1月21日 月曜日 雨
 ひどい雨。
 午後は雷雨と突風が吹き荒れた。

 午後5時、代官山で取材。
 この町を訪れたのはたぶん5年ぶりぐらいだが、すごいことになっている。
 ブティックだとかのたたずまいが、なんだかロデオドライブっぽい。
 店の人の話では、土日はこんなものではないという。
「どんなものなんですか?」
「原宿みたいな感じ、です。
「つまり、ティーンエイジャーばっかりということですか?」
「えーとつまり、休日の客層は観光客と同じで、歩き回るばかりであんまりカネを落としていかないということです」
 うむ。そうだろうとも。客層までロデオドライブになってたまるものか。
 おそらく、私は二度と足を踏み入れないだろう。
 ロデオドライブにも、代官山にも。
 ついでに言えば代官民国にも。
 いや、他意はありません。
 くだらん駄洒落です。
 アエラ病。
 

1月22日 火曜日 晴れ
 午後1時より打ち合わせ。
 床屋。
 夕刻、巣鴨に出動。靴紐を購入。
 本当はこんなことをしている陽気ではないのだが。


1月23日 水曜日 晴れ
 午後、赤羽にて打ち合わせ。
 スポルティーバ誌新連載のタイトルが決定。
 二次観戦者の至福。
 うん。なかなか良い響きだ。


1月24日 木曜日 晴れ
 T君負傷。
 工事現場で鬼ごっこをしていて転倒したらしい。
 右足ふくらはぎに裂傷、および、右腕に擦過傷。赤羽セントラル病院にて治療。破傷風の予防接種。脚の傷は3針。
 夕刻より、東京會舘にてS英社のパーティー。
 負傷の息子にせがまれたため。
 ビンゴの話をしたのがいけなかった。
「ゲームキューブとかが当たるらしいぞ」
 だなんて、そういう話を小学生の耳に入れてはいけなかった。
「ビンゴなら、人数が多いほうが良いんでしょ?」
 うーむ。
 結果はハズレ。
 かすりもせず。
 それにしても、会場はものすごい人数だった。
 500人は来ていたんではなかろうか。
 ざっと見回してみるに、20歳前後の男女が目立った。
 ってことはつまり漫画家の先生方とかが、アシスタントを全員連れてきていたのであろうかと思われる。
「先生、ビンゴなら人数が多いほうが良いわけですよね」
 と、彼らは言ったに違いない。
 アシスタントは大人にならない。
 大人になるために費やすべきエネルギーをベタ塗りとホワイトに使ってしまうから。
 

1月25日 金曜日 晴れ
 終日蟄居。
 午前中。H野氏が来訪。
 ダイヤルアップネットワークの設定変更について質問を受ける。
「接続のアイコンをダブルクリックして電話番号を変更しても、次にアクセスする時には元に戻っているんだが、こりゃどういうわけだ?」
 うむ。この分野については、前のタコマシン時代にさんざん苦労したので、少々知識がある。
「ダブルクリックで出てくる画面は、設定の画面であって設定変更の画面じゃないのだよ」
「どういうことだ?」
「とにかく設定画面をいじっても設定は変更できない仕様になっているんだよ。なぜか」
「なぜだ?」
「理由なんて知らないよ。ビルに聞けよ」
「じゃあ設定を変更するにはどうすれば良いんだ?」
「まずアイコンを右クリックしてプロパティーを出す。で、このプロパティーの画面で変更すると接続の設定が変更できることになっているのだよ。なぜか。」
「なんだよ。まるで隠しコマンドじゃないか」
「だよな」
「どうしてそんなややこしい仕様になってるんだ?」
「たぶん、いじめだろ」
 私自身も、この隠しコマンドを発見するのにずいぶんと苦労した記憶がある。
 何? 
 マニュアルを読めって?
 キミは女を口説くのに田中康夫を読むのか?


1月26日 土曜日 雨
 朝からひどい嵐。
 で、終日蟄居。
 午後、コンビニまでタバコを買いに行くのが精一杯だった。
 こんな日に外に出るのは愚か者だと思う。
 私が勤め人だったとして、
「雨がひどいんで休みます」
 という電話をしたら、やはり、無能の烙印を押されるのであろうか。
 とすると、会社員というのは、バカでないと勤まらない職業なのだろうか。
 
 ……いや、言い過ぎだった。
 すまない。